買い物かごを見る

「柳宗悦と芹沢けい介」ー美と暮らしがとけあう世界へー






芹沢けい介生誕120年記念展に合わせて発行。
芹沢けい介の師であった柳宗悦は、芹沢を理解するうえで欠かすことの出来ない人物ですが、その影響を、主として芹沢けい介の視点からたどります。
一人の偉大な思想家と、才能あふれる作家。民藝運動をめぐって繰り広げられたそのドラマの一端を、展覧会と合わせて知ることの出来る一冊。


発行元 静岡市立芹沢けい介美術館
発行日 2015年1月
ページ数 114ページ
サイズ  A4


1冊までネコポス対応可能




ご利用可能なお支払い方法